Vol. 107 Individualist “Chptr 3 and Vrs 1”

Sharpness. The quality of being sharp and clear. That is what I thought when I am allowed to conduct an interview with a dude behind this company “Sato Sharpening”. This time, third chapter starts with a bit of twist that I focused on Japanese who lives abroad. I have been trying to get in touch with some of them for a while and he was kind and awesome enough to let me do my work.   
I feel that I am really blessed to be able to get to know him as a portlander and Japanese. you folks will be exposed to his passion for his work and get addicted to the sharpness that he creates.

“シャープネス”。この言葉が指す通り、今回インタビューした方は男前でした笑。豪傑さも兼ね備えながら、日本人の繊細さが光る行いにて活動されている方です。今の日本人に足りない日本人らしさ、はたまた海外で生活する事によって培った新たな日本人らしさ。もしくは元々我々が持っていた侍魂なのでしょうか。インタビューをさせて頂き、何度か日本人とは何かを考えさせられた回となりました。ではではご覧あれ。

 

Yohhei san 6 

IO) Who are you? (Please tell us about how you interpret this question) 

Yohhei-san) I am Yohhei Sato. I sharpen knives and blades in Portland, OR. I also am an actor, theatre technician, model, social media marketer and explorer in PNW (Pacific North West).

 

Islander’s Orb 以下 IO) あなたは誰ですか?(ご自身の解釈でお答えください!オンとオフのような形があればぜひ!例:革職人、スポーツマン等)

佐藤陽平さん 以下ヨーヘイさん) 佐藤陽平です。オレゴン州ポートランドにてナイフや刃物を磨く研磨師が主ですが、俳優であり、劇場での舞台の製作、モデル、SNS のマーケティング戦略なども行っています。そしてオフには自分が住んでいるオレゴン州近辺(パシフィックノースウェスト:オレゴンやワシントン、さらにはカナダのブリティッシュコロンビア州まで)を探検する事も好きですね。

 

IO) Please describe yourself with detail in regards to your occupation, your concept in your creation, explanation of yourself regarding to what you do, your entities etc..

Yohhei-san) I run my company called “Sato Sharpening”. Sharpening knives for restaurants, family and people. I also sharpen axes, gardening tools and more in Portland, OR.

 

IO) ブランド、会社、アートワーク、自身の行いの概要等。(説明文、コンセプトなど)

ヨーヘイさん)  “Sato Sharpening”という会社をオレゴン州ポートランドにて運営しています。シェフがレストランで使用する包丁から、日々の生活で自分たちが使用するナイフ、包丁などなどお客様が使用する刃物を研いでいます。また、木を切るための斧やガーデニングツールなども研いだりしていますね。

 

IO) How did you start to form your own identity? What motivated you?

Yohhei-san) I moved to Portland, OR. with nothing 12 years ago. I did not know anybody and had no English. I was alone and lonely but people in this town help me lots. I have friends I call my family now and have places I want to be at. Portland became my home. People and communities of this town gave me lots. I wanted to be a part of it and to give them back something I can do.

Knife sharpening is one thing I grew up doing and am very good at it. I used to work in kitchen and see knife-sharpening tracks. They were pretty bad. They do not sharpen but grind. That is not sharpening. So I started thinking of knife sharpening business.

What pushed my shoulder to start my own business was my best friend/my business partner Noelle Eaton and her family. They are kind, warm, fun and strong. They treated me so well and welcome me to their family every time I visit. I want to treat people like they did to me and to make them proud. I am serious that I cannot run this business without my friends and team. They help me so much. I can not thank them enough. This town and people make me the luckiest person on the earth.

 

IO) ご自身の行い、存在やクリエーションを始めた具体例やきっかけはありますか?

ヨーヘイさん) きっかけは前に自分が働いていたレストランでの出来事ですね。 キッチンにあった包丁研ぎ器なのですが、 包丁を研ぐというか磨いているだけで切れ味が全然変わらなかった。ほぼ研ぐっていう意味が無かったんですよね。これって包丁を研いでないぞって思って。その時、ふとこのビジネスのアイデアを思いつきましたね。もともと何かを磨いたり研いだりするのは小さい頃から好きだったので。

そもそも今いるポートランドに12年前に1  人で移住して来ましたが、その当時は自分には何も無かったんですよね。知り合いも誰もいなかったし、英語なんて全く知らなかった。ひとりぼっちで寂しかったんですけどこの街や人々にすごく助けられました。家族と呼べるような友達も出来ましたし、いつもそこにいたいっていう環境も出来ましたね。ポートランドがホームになったんですよ。だからこそポートランドの街や人々が自分に様々な事を与えてくれたので何か自分で出来る事で恩返し出来ればいいなって思って今の行いを始めました。

また、自分のビジネスを始めようと思った際に背中を押してくれたのは親友でありビジネスパートナーであるノエルと彼女の家族ですね。とても優しく、暖かく、そして楽しく強き人たち。いつも遊びに行った時は暖かく迎えてくれましたね。なので、僕が彼女や彼女の家族に暖かく迎えられたように他人や僕の周りにいる人と接したいと。今いるチームや彼らなしには僕のビジネスは出来なかったし、多くの事で助けてもらっているので感謝しきれないです。このポートランドという街や人々のおかげで自分は世界で一番ラッキーなやつじゃないかって思っています。

 

IO) Portland, OR. is one of the buzzing phenomena/featured place here in Japan for a while because of the lifestyle, third wave coffee, craft beer, organic food, you name it. Also it is considered to be a destination city in U.S. Why do you think this is happening in Japan and U.S.? 

Yohhei-san) The reason why Portland is a popular places to move in US? I think there are a few reason. One reason is that Portland used to be cheap to live. You could have one service industry job and still lived well. Not anymore, though. The time is gone. Portland is getting expensive to live because this town got so popular that many people are moving here every year.

So people starting coming here, business, which do not care about locals, from outside started coming. They fuck shit up in this town. It is hard to see this town becoming this way. However, I still love this town.

Second reason is that people in this town really care about quality of what they have, eat and drink. We care about things from local farmers, artists and craftsman. I think that is one big reason Portland has been appealing to Japanese. Lastly, Oregon is a beautiful state. We got forests, coasts, high deserts, mountains and everything where are not far from Portland. You can do outdoor activities anytime any days.

 

IO) ポートランドは日本でも近年流行の発信地(ライフスタイル、サードウェーブコーヒー、クラフトビアー、オーガニックフード等)であり注目されている都市ですが、同時にアメリカでも移住したい都市として注目されています。どうしてだと思いますか?

ヨーヘイさん) どうしてアメリカではポートランドが人気の場所かって?いくつか理由があるとは思うんですけど。まず一つとしてポートランドは今まで金銭面で住む事自体にそれほどコストがかからない環境だったからかなって思いますね。 例えば、何か一つのサービス業に準じていれば生活には困らなかったと思います。しかし以前まで。もうその頃は無くて、やっぱり有名になったおかげか今は毎年多くの人が住み移ってきているのでだんだんと住むコストは高くはなってきていると思いますね。また、もちろん外から多くの人々が住み移って来ているのでビジネスも当然参入してきますよね。ローカルの人なんて気にしない人達が。その人達が結構ポートランドのシーンをめちゃくちゃにしているのを目の当たりにはしていますね。自分としては愛着があるこの街がそんな風になるのは見たくはないですが、それでも自分は今のポートランドが好きですね.。

もう一つの理由が、この街の人は本当に衣食住に関してのクオリティを重視している事だと思います。 アルチザンの作品やクラフト、ローカルの人々が作ったもの。これが今の日本人や日本のシーンがこっちに魅力を感じる大きな要素の一つではないかと思います。

そしてやっぱりオレゴン州の魅力ですね。森、海、山、ハイデザート(北米大陸を北から南に縦断するロッキー山脈の中央部分にある標高が高い砂漠、平原)といった場所がポートランドから近い場所にあり、いつでもアウトドアアクティビティが出来る環境ですね。

  

Yohhei 2

  

IO) Who/What inspires you?

Yohhei-san) I guess my dad, my grandfather and my mom. They all are professional of what they do. I really respect their work ethic and their attitude to what they do. My dad has always told me that having skills is such gifts and take any chance to have one. I can tell now that he was so true.

I also traveled around in Japan and U.S. and met craft man and woman. They took their craft and art very serious and proud of what they do. It is very cool to be able to be proud of what they do and ourselves. I want to sharpen knives the best and am not messing around with what I am proud of doing.|

 

IO) ご自身の姿勢、指針、行動、存在やクリエーションにおいての影響をうけたもの。(インスピレーション等、具体例。

ヨーヘイさん) 父、祖母、そして母ですね。みんなプロフェッショナルの意識を持って自分の行いに取り組んでいますし、働く姿勢や考えなども尊敬しています。いつも父が言っていたのですが、何かに秀でる事はギフトであって、どんなことをしてでもそういった才能を手に入れたいって。今理解出来るんですけどやっぱりそうだなって。

また、日本やアメリカを旅した際に出会ったものづくりに携わっている人々ですね。みんな自分の行いに真摯に向き合い、誇りを持って取り組んでいました。自らの行いに誇りを持つこと、自分自身にも誇りを持つことはカッコいいなって。自分もナイフを研ぐ事に真摯に向き合い、いいかげんな仕事をせずベストを尽くしたいと思いましたね。

 

IO) If you do not mind, would you care to elaborate for what your parents do? 

Yohhei-san) My family has been farming our own rice, vegetables and also has own jobs. My dad was used to be trained as an Olympic skier for Kokutetsu (Japanese National Railways) ski team which is before JR (privatized rail firm in Japan). After that, he built a factory to give people jobs in the village. He really cares about people, families and friends. I used to hate what he told me but I now really appreciate knowledge that he gave to me and how he raised me.


My mom is a nurse. She saves people’s life and has been seen death. That is tough job I will never be able to do that. My grandpa passed away when I was 12. I honestly do not really know what he had done. He was a really cool grandpa. He taught me fishing, shooting arrows, smoking meat, farming, hunting, making traps to hunt animal and so on. All kind of skill you do not get to learn from school. Those three are pretty badasses.

 

IO) 差し支え無ければ何をされているか詳しく教えていただけますか?

ヨーヘイさん) 家族は長い間、お米や野菜を育てて販売といった自営業を営んでいました。父は昔、当時国鉄(今のJR)のオリンピック候補のスキー選手でしたね。スキー選手を引退後、工場を建てて村に住む人たちに職を提供していました。父は家族や友人、周りにいる人をとても大切にする人ですね。昔は父の言葉にうんざりしていましたが、父から受け継いだ知識や教えてくれた事が今に生きているので父には感謝していますね。

母は看護師ですね。人の生死に関わる仕事なので、人間の命を救ったり、死に直面したりでしょうか。自分には到底できない仕事だと思います。祖父は僕が12歳の頃に亡くなってしまったので何をやっていたか記憶があまりないですが、孫としてからのおじいちゃんの姿はかっこよかったですね。魚釣りや矢の打ち方、燻製方法や畑の耕し方、罠を作って動物を狩る方法など学校などでは学べない事を教えてもらいましたね。

 

Yohhei 1

 

IO) Is there any difference between good Japanese craftsman and American craftsman and difference between bad Japanese craftsman and bad American craftsman?

Yohhei-san) I think it does not matter either American or Japanese. I believe that good craftsman care about people and what they create, never stop trying to be better and have strong work ethic. We proof ourselves by what we do. Telling people how good you are is not a way to proof.

 

IO) 日本とアメリカの職人さんの良い意味と悪い意味での違いはありますか?

ヨーヘイさん) ものづくりする人に人種は関係ないと思います。日本人であろうがアメリカ人であろうが関係ないですね。ものづくりに携わる人は目の前の人、そばにいる人を大切にし、己の作品にこだわりを持ち、常により良い方向へと目指し、精進するべく自らの哲学を持っていると思います。己の行いによって自らを証明する。相手にどれくらい自分がすごいかって口で言うのとはちょっと違いますね。

  

IO) Your wish for those who appreciate your art/creation/product/doing, Followers.

Yohhei-san) I want them to feel sharpness I create by my hand and cut anything they wish to cut. I want my clients to get addicted with the sharpness.
One of things I really like being a knife sharpener about is that people get memory into knives. Knives are like accessories with people’s memory. They will live through from a generation to generations after our death. I love being able to sharpen them and bring back to life so someone from the family can use it again.

 

IO) ご自身の作った作品や行いに関係して頂いた方へ、どのようになって欲しいか。

ヨーヘイさん) お客さんや関わった人には“鋭さ”を感じて欲しいですね。僕自身の手で研がれたナイフによってお客さんが好きなものを切る、この切れ味にハマって欲しいです。また、研ぎ師の一つの楽しみなのが世代を経て使われたナイフや包丁などを再び研ぎ、切れ味を復活させる事によって使用されていた当時の記憶を蘇らせる事が出来るんじゃないかって思っています。アクセサリーに近いものがあるかもしれませんね。愛着のあるものには記憶が宿り、仮に使用した方が亡くなったとしても思い入れのあるものには意思が宿ります。それを僕は研ぐ事によって再び切れ味の良いものにし、使っていた人の家族がまた使えるようにする。いわば命を吹き込む事が出来るのではと思っています。

 

To be continued on next Verse of Individualist…

 

Yohhei Sato “Sato Sharpening”
WEBSITE
FACEBOOK
INSTAGRAM
TWITTER

 

Copyright of Pictures (C) “Sato Sharpening” All Rights Reserved.

 

Post you might also like

Please share us to..Share on FacebookShare on TumblrShare on Google+Pin on PinterestShare on RedditEmail this to someoneTweet about this on Twitter

One Thought on “Vol. 107 Individualist “Chptr 3 and Vrs 1”

  1. Pingback: Vol. 148 Individualist “Chptr 14 and Vrs 1” |

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Post Navigation