Vol. 108 Individualist “Chptr 3 and Vrs 2”

Following on interview with Yohhei Sato on Chptr 3 and Vrs 1

I was honored to be able to conduct an interview with him and I hope I could broadcast a different type of perspective that normal Japanese does not really embrace through this interview. The hybrid culture that he holds with more than ten years of his life, it sounds pretty cool to me as a Japanese born and raised. However, I also wonder that there might be a moment where interweaving a layer of your cultural experience gives you a hard time to pick one or the other. Even I sometime get to experience “Is this OK for me to say it in written Japanese or English?”. Well, I believe that this is one of the most fun part about learning different language and experience different culture. You are influenced by something that you like doing and then you feel like you become part of it which I do not obviously for me. It seemed to me that he pretty much balances out these two cultures and that is way cooler than I had expected. Japanese and American, these cultures are pretty far apart but he manages to embrace them in awesome ways for sure. Not only does he loves his work but also appreciate for his blessings from people that surrounds him. This is something that I should learn.

 

前回の続きです。ヨーヘイさんの人生の環境で培った日本人とアメリカ人としてのハイブリットな考え、アメリカでの生活にて獲た経験などをお話しして頂きました。筆者としては、実はかの有名なスポーツブランドの本社があるのを初めて知ったり、芝生は常に青いとショボーンっとなってしまったりと浮き沈み激しい筆者でしたが、個人的には非常に充実した回になったのではと思います。

ただ一つ、質問がショボいのかそれとも聞き方が悪いのか、内容が薄いのか。。。筆者個人としてもインタビューの方法や質問の仕方、突っ込みどころ等かなりの学びが必要だとひしひし感んじてしまいました。しかしですが、こうアマチュア精神ばんざいといいますか、初心は引きずりたいといいますか、よりリアリティのある内容とはなんぞやと問うと、以外と素直に書き連ねる事が大事なのでは無いかとも思ったり思わなかったり笑。

それでは後半どうぞ!

 

Jump into the hole because you never know what is inside of” 
“穴に飛び込めば、中に何があるかわかるのさ”

 

IO) What are your thoughts about trends, your entities current situation, and your product? The future?

Yohhei-san) Knife sharpening is fun. I want to involve with more people and to connect with business, community and people. I want to keep having fun with this business and do new things a knife sharpener can. People in Portland like high quality products and service. Not only chefs but also families have really nice knives. What I do directs in their need.

 

IO) ご自身の行い、存在やクリエーションのトレンドと傾向。その後の未来像。

ヨーヘイさん) 研ぐ事って結構面白いんですよね。より多くの人、コミュニティに研ぐ楽しさを味わって貰いたいですし、ビジネスとしても楽しみつつ研ぐ事の可能性を探っていきたいなと思っています。先ほども言いましたが、ポートランドの人々はクオリティ重視の方が多いので、レストランのシェフだけではなく普通の人達もクオリティの高いナイフや包丁を持っていますね。それゆえ、僕の行いは彼らのニーズに直結していると思います。

 

IO) What does Japanese and English mean to you?

Yohhei-san) Japanese is beautiful to talk, read and look at. Japanese is art. I honestly do not know many languages. However, I think it is rare. I am glad to be able to talk, understand and read them. I have to appreciate my parents for that.

English is fun to talk. As native Japanese speaker, it was hard to learn and get used to. I am still learning after being 12 years. I don’t think this challenge will never stopped. I love being able to talk in English. It is one of the most talk languages. You can communicate and talk with people from different countries. I think it is very cool.

 

IO) あなたにとって日本語と英語とはなんでしょうか?例を挙げて説明してください。

ヨーヘイさん) 日本語には美しさを感じます。話す、読む、さらには日本語の造形であったりでしょうか。日本語はアートだとも思います。他の言語はあまり知らないですが、日本語は多くの言語の中でレアだとも思いますし、僕自身読み書きや話すことが出来ることは恵まれていると思います。家族には感謝しないといけないですねこの部分は!

英語は話すことが楽しいですね。日本語が第一言語なので、12年学び続けていてもまだまだ慣れないし、学ぶこともたくさんあり難しい言語だと思います。ですが、やめるつもりはさらさらないし英語は魅力的だと思います。

 

Yohhei san 5

 

IO) You are born in Japan and spend more than 10 years of your life in U.S. Is there any language difficulty in particular for both Japanese and English?

Yohhei-san) Well, as born and raise Japanese, it was not easy to learn English since everything between those two are different. I am sure anybody moved here from Asia experience that. I have not gone back to Japan last 12 years. Speaking Japanese is harder than speaking English to me this moment. I do not want to lose own native language, though.

 

IO) 日本で生まれてアメリカに移住し、10年以上の生活の上で何か特に日本語と英語に関して難しい事ってありますか?

ヨーヘイさん) うーん。日本で生まれ日本人として育ったのもありますし、英語と日本語の違いを学ぶのは簡単なことじゃないと思います。他のアジア圏から移住してきた人も同じような経験をしていると思いますね。加えてこの12年間日本に一度も帰っていないので今では日本語を話すことよりも英語を話す方が楽ですね。けど、自分の国の言葉は失いたくはないですね!

 

IO) What is Japan/Japanese for you? (Your own perspective or as an entity)

Yohhei-san) Japan is cool. I love the art, histories, and products people create. Japanese has great work ethic, taste and sense of creation. When I work, I definitely feel I have my family blood in my DNA. I am proud of where I am from and how I grew up in Japan.

 

IO) 日本はどんな場所 ですか?日本人とは誰か?(あなたの目線、もしくはブランドとして)

ヨーヘイさん) 日本は単純カッコいいと思いますよ。日本製のもの、アート、歴史ですかね。また、働くことに関しての姿勢や考え、テイスト、ものを作るセンスなどですね。自分が何かを研ぐときには、間違いなく自分には日本人の血が流れているんだなって思いますし、日本で育った事、日本生まれである事には誇りを感じています。

 

IO) As a Japanese/Japanese descendants, for you have any ambition, envy, aspirations against western (U.S. for example) or Japanese cultures? How do you feel about Western/Japanese culture, do you think it has had an impact on your work?

Yohhei-san) Western cultures are huge. There is no way that cultures from West can put into one category. There are so many cultures from west. I believe all cultures are cool and interesting. I am fascinated by cultures I know and culture I do not know. Be against it or envy to it would be weird to deal with. You should try to learn about it before you make a decision at the least. I think the best thing about America is so mixed culture. That is what makes this country unique and strong. Personally I love cowboy culture, motorcycle and classic American stuff. My dad was big about them. I grew up with those cultures around me.

 

IO) 日本人として西洋の文化(アメリカ、フランス、イタリア等)への憧れや尊敬、または日本の文化に対する憧れや尊敬は感じていますか?

ヨーヘイさん) 西洋文化って幅広いですよね。西洋の文化は確実に一つのカテゴリーには収まりきらないと思います。西洋の文化も数多くありますし。自分としてはすべての文化は面白く興味深いと思います。自分が知っていようが知るまいが、憧れだったり理解し難いってのは変だと思います。少なくとも、好き嫌いを考える前にカルチャー自体を学ぶ事にチャレンジすべきですね。対してアメリカの言いところの一つとして、文化が入り混じっているところだと思います。だからこそ、アメリカはユニークでみんなが憧れる場所なのかもしれません。個人的にはウェスタン、西部劇に見られるカウボーイカルチャーやモーターサイクル、クラシックアメリカンカルチャーが好きですね。父がそうだったように自分も父の影響で幼い頃からこれらのカルチャーに囲まれて育ちましたね。

 

IO) Agreed 100% about western culture. Sorry for this vague question. I believe that a lot of Japanese are into other culture including me and not knowing what their culture embrace. Any thoughts? Do you think Japanese is too into western culture rather than looking at own culture?

Yohhei-san) Some people do. Some people do not. I do not think it is a bad thing to get into different cultures. I grew up in countryside and thought growing up in big cities is very cool because we did not have it. Now I know how awesome it was to grow up in countryside and to have the experience I had. Same like that. Once those Japanese you are talking about travel outside of japan, they will get how cool the culture they grow up with. Next grass is always greener.

 

IO) 西洋の文化が広すぎましたね。アバウトな質問ですいません笑。個人的にですが、日本人は外の文化に目を向けすぎている気がしますがどうお考えですか?

ヨーヘイさん) 人それぞれかなぁって思います。他の文化に入れ込む事は悪い事では無いですし。例えばですが、自分が田舎の方で育ったので、都市部には常に田舎では無いものがあったので羨ましいなとも思ったりしていました。ですが、田舎で育った事は素晴らしい事ですし、今の自分もそれがあったからですね。そんな感じだと思います。海外に出た事がない日本人が海外へ行き、違う文化を知ると違う生き方をしてきた人に出会う。そして、自分の文化がいかにカッコいいものか知る。 それって隣の芝生はいつも青いじゃないかなって事だと思います。

 

IO) The definition of life in one word/sentence.

Yohhei-san) Party hard and adventure hard with people you love. Jump into the hole because you never knew what is inside of.

 

IO) 人生とは一言/ 一文で何ですか?

ヨーヘイさん) 自分が愛する人たちとの冒険。(パーティーも含め笑。)穴に飛び込め。なぜかというと、中に入らないと中に何があるかわからないから。

 

Yohhei san 4

 

IO) Any tips or secrets of differentiate with any other competitor?

Yohhei-san) Party hard, adventure hard and work hard. My service is not about quantity and fast. I spend time with each blade, talk with them and reawaken their quality. It does take time and can’t be many but I want my clients and their knives happy. I don’t think other do the way I do.

 

IO) 同業者と差別化を図る方法、秘策。

ヨーヘイさん) はしゃいで、冒険、そして仕事にも精を出す。自分の行いについてだと、量やスピードじゃないってことかな。一つ一つのものに語りかけ再び輝き、鋭さを取り戻す作業。当然時間はかかるし、数はこなせない。けどお客さんや研ぐもの自体にもハッピーになって欲しい。他の人は僕みたいにはやっていないと思いますね。

 

IO) Putting your time and effort on what you do, is your work ethic coming from your root of being Japanese?

Yohhei-san) Not at all. This is how I roll. Ethnicity does not matter. Some people are lazy. Some are hard worker. I am not going to wait till somebody gives me. I am going to get it and win by my own.

 

IO) 自らの行いに時間と労力を惜しみなく使っているとおっしゃっていますが、それは日本人としてのルーツからくるものでしょうか?

ヨーヘイさん) そんなことはないとは思います。これが僕のやり方。人種は関係ないことかもしれない。一生懸命働く人やそんなことない人だっている。今の行いだって僕は自分の手で掴み取りにいったし、誰かが自分にくれるまで待っていたわけじゃないですね。

 

IO) Something that you are currently into? What is a current hobby or interest of yours?

Yohhei-san) I always respect and curious about people who create by hand and proud of what they create. This town has many people like that. Portland is the best knife town. We have Kershaw Knives, Benchmade, Burnside knives, CKRT knives, James brand, Strider knives, and more. There are even forges such Bridgetown Forge and Oaks Bottom Forge. I like them lots. I also do like Juniper Ridge (Fragrance) and Danner boots. I like their products, theory and what they do.

 

IO) 注目している人、ものは?

ヨーヘイさん) 個人的にはいつも、自らの手で何かものを作り、自身の行いに誇りを持っている人たちを尊敬していますし、興味がありますね。ポートランドにはそんな人がたくさんいますね。さらにはポートランドってナイフの街で一番だとも思っています。カーショーナイフベンチメイドバーンサイドナイフCKRTナイフジェームスブランドストライダーナイフ、まだまだあります。また、ブリッジタウンフォージオークボトムフォージといった鍛冶屋も捨てがたいですね。彼らの製品はとても気に入っています。さらにはジュニパーリッジ(香水)やダナーブーツといった人たちの哲学や行いも好きですね。

 

IO) Knife culture (as I recall it) is not really familiar with Japanese I think. What does people do with knives in America?

Yohhei-san) By the way, there are lots great blacksmiths in Japan. Japan is the best country making knives. That is hands down. We cook with kitchen knives, carry knives during outdoor activities and many many things. You can do so many things with a knife.

 

IO) ナイフカルチャー(と呼ばせていただきます)は日本人にあまり馴染みがないとは思いますが一般的にナイフでアメリカ人は何をするのでしょうか?

ヨーヘイさん) 日本にもたくさん、すごいブラックスミスや鍛冶屋はいますよ。包丁に関しては日本が一番だと思っています。これはお手上げだっていうくらいですね。基本的にはキッチン用のナイフ、包丁とかアウトドアの際に持ち歩いて木や何かを削ったり切ったりですね。色んなことができると思いますよ。

 

Yohei 3

 

IO) Something to say to me?

Yohhei-san) Thank you for this great opportunity. I appreciate it.


IO) 筆者に何か一言。

ヨーヘイさん) この機会をありがとう!

 

Jump into the hole because you never knew what is inside of. I think I am more than happy to do that. 

穴があったら入りたいじゃなくて、穴があったら飛び込まないと行けないんだと。
存分にそのつもりでいようと思います笑。

 

Yohhei Sato “Sato Sharpening”
WEBSITE
FACEBOOK
INSTAGRAM
TWITTER

 

Copyright of Pictures (C) “Sato Sharpening” All Rights Reserved.

Post you might also like

Please share us to..Share on FacebookShare on TumblrShare on Google+Pin on PinterestShare on RedditEmail this to someoneTweet about this on Twitter

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Post Navigation