Vol. 133 Individualist “Chptr 2 and Vrs 4”

Following on interview with Tommy “Charincoffee” on  Individualist “Chptr 2 and Vrs 3”.

 

About half an year ago, I got to know what he is talking about. Literally to me that bicycle is nothing but a one of my ways to keep staying fit (well, just to move my body not to gain weight or some sort) or it is just one of ways to go somewhere when it might be pain in the ass to just walk. I have been using typical japanese bicycle called “mamachari” (ママチャリ) for a long time. Now it has been almost a year since one of my friend kindly gave me a road bicycle and started to ride here in Tokyo. Probably it might be the time to buy a new one because my bicycle is about to collapse soon. However, since my bank account is now keeping me off from using money for pretty much nothing but food and rent so I don’t know when I would get a new one haha.

 

初めてこの競技について知ったのが約半年ほど前。自転車は筆者にとっては体を動かすための道具(体重を増やさないためだけの言わば、遠くへ行ける且つ運動出来るもの笑)か、歩くのが面倒臭いちょっとした遠い場所へ行くための道具としての認識しかありませんでした。ママチャリはほぼマスターしており、ずっと長い間乗っていましたがが、今は、友達がくれたロードバイクには約一年程週末はほぼ乗っています。そろそろ新しいのが欲しいなと思うほど、摩耗し、やつれてきている友達がくれたバイク。しかしお財布は飯や光熱費の支払いに必死な僕には許可を与えてくれなさそうです笑。

 

それではどうぞ。

 

“自分がやる意味無いって思っちゃうんだよね。先人がいるし、そいつがいるから自分がやる価値が見られないというか。”

”I don’t necessarily think that I should be the one who start something that someone has already started doing. I think that there’s always someone as a predecessor to do things. If someone’s doing what I think it is that I should do then It would be worthless to do for me. “

 

12936727_1170203699658942_458890875060603446_n

 

IO) ありがとうございます。次に参ります。お次はバイクポロ。個人的に調べた上で薄い切り口ですが、マレットと呼ばれる道具を使用する。足はついたらダメだとか、足が着くと壁に触りに行けないといけないとか。3人 対3人なんですよね?で、日本には女の人のチームがあるってことを知ったんですけど、海外ではカリフォルニア、サンフランシスコにチームがいっぱいあって。自転車のワイヤー?スポーク?ホイール部分にそこにボールが通らないようにするために、全部張り巡らされてるとかも面白いなって。モダンに解釈したポロっていう印象もありますし。

基本的にはあまり知らない人が多いと思うんですけど、面白さ、始めたきっかけ等ありますか?

 

TOMMY) バイクポロはね、最初は俺日本でやってる人見た事無かったの。そもそもメッセンジャーの世界大会っていうのがあって、一年に一回どこかの都市であって、毎年どこか決められるんだけど。

“At first, I have never seen people playing Bike or Cycle polo here in Japan. Originally there is actually a messenger world championship and it takes place each year somewhere once a year.”

 

オリンピックと一緒で、前もって色んな都市が立候補する。例えば、ある都市でやりますってなったら、この都市の会場で二個先の会場を決める。それがじゅんぐりむっくりになってさ。俺がメッセンジャーの三年目の時に行きたいなって思ったの。世界大会に。

 

IO) トミーさん出場されてますよね?トミーさんのプロフィールが世界大会の内容がで出て来たんですよね。びっくりしました笑。

 

TOMMY) へぇー笑。CMWC (Cycle Messenger World Championship)って言うんだけど。お祭りみたいな要素もある催し物なんだけど。通常だと一週間くらいかな?行った時はこれに一週間、三泊四日かな?これにいったんだけどね。

“It’s called CMCW (Cycle Messenger World Championship). It consists of competitive race and it is almost like a festival and we had been there for about… a week or so? Maybe yeah, we were there for a week. “

 

IO) ん〜アイスホッケーみたいなイメージもあって。写真見ると当たりが強いとかフィジカルが結構重視されるみたいなイメージもありますか?話遮ってすいません。

 

TOMMY) コンタクトはサッカーみたいな感じ。無しではないけど、無しな当たり方もあるしホッケーよりは球技に近いかな。最初は何でもありだったけど、危なくなったらつまんねぇみたいになって。それで、そのCMWCが東京でやるってなった年にCMCWに出ようかなって思ってたの。けど、東京でやるなら外国行けねぇじゃんって思って笑。で、考えて調べてたらさ、バイクポロの三大大会って北米とヨーロッパ選手権と世界大会ってなってるらしくてさ。最近はどっかが休んでるみたいだけどね。

行こうぜって言ってた奴と二人で結局、ヨーロッパ選手権に行こうってなったの。海外で行われるCMWCに行きたかったからさ。東京で行われるやつじゃなくてね。あとは他の年ではヨーロッパ選手権は見られないし参加出来ないと思ったからそこへ行こうってなったね。

“Instead of participating to CMCW, we decided to participate in Europe (The Europe Cycle Messenger Championship) with my buddy. We would like to go overseas to participate in that type of messenger championship, not in Tokyo. “

 

でさ、プレイイベントとアフターイベントが近くの都市であってね。ヨーロッパだから国が違ったりするんだけどね。今回のプレイイベントはコペンハーゲンであるから行こうぜってなって。そこにポロコートがあってさ、ポロをやってる人やメッセンジャーがたくさんいて。その時はメッセンジャーコミュニティがいいなって思っててね。また、メッセンジャーを引退した人たちがだんだんと疎遠になっていくのがさみしいなとも思ってたの。

でも、ポロのコミュニティだとメッセンジャーもいれば元メッセンジャーもいるし、トリックやってる人もいるわけで。皆が皆でいきなりやり始めた訳ではなくて。そんな人がたくさんにてさ、「いいなぁこのコミュニティ。」って思った。肩書きは関係ない、ボーダーレスって感じがしたの。


“In cycle polo community, There are whole bunch of people who love riding on bicycle. Messengers, Polo bikers, and people that are doing tricks. So many of them participated in this activity and I felt that no matter who you are, you can always be welcomed. I felt that as borderless and I loved that.”

 

おじさんから若者、女性もいる。あと、すげぇ面白くてカッコよかったの。当時は「レースで来てるしやんねぇ。」っていう風に閉じていたテンションだったんだけど、「いやいや、とりあえずやれ。とりあえずチームに入れてやるから。」みたいな感じで、トーナメントに勝手に入っちゃってさ、「うまい奴と組ましてやるからやれ。」って誘ってくれた奴と、もう一人うまい奴と三人で初めてプレイして。うまいメッセンジャーもいたりして。

 

IMG_7484

 

IO) バイクポロが上手って何なんですかね?チャリから降りない、玉さばきがうまい、ストライカーとかですか?

 

TOMMY) 全部だね。チャリ乗るの超うまくなるし。

 

IO) みなさん使用しているのってピストですよね?こう前に漕げば前に進む、後ろに漕げば後ろに進むタイプの自転車?

 

TOMMY) 最初はピストでやったけど今はほとんどシングルフリーだね。そっちの方が有利っていうかやりやすいから。

 

IO)シングルフリーとは?

 

TOMMY) シングルだけど固定じゃないって意味。変速ギアがない自転車のことだね。固定ギアとフリーギアがあり固定ギアの自転車はピストとも呼ぶ。固定ギアは回転を止めても空転せずロックされる。フリーギアの方はシングルフリーと呼ばれ一般的なママチャリなどと同じく回転をとめると空転するやつ。

でさ、バイクポロって面白かったねって思って日本に帰って来たんだけど。

 

IO) なかなかのパイオニアですよね。笑。

 

TOMMY) そうだね笑。で、その年に日本でCMWCがある。海外ではメッセンジャーの人達が遊びでバイクポロをやってる人もいっぱいいるって聞いてたから、やべぇそんな連中がいっぱい日本に来るのに日本にバイクポロが無くていいのかみたいになって。無かったら遊べねぇじゃんってなって。

その当時は日本で開催って事で、日本のメッセンジャーの先輩達がそのイベントをオーガナイズしてたの。俺はメッセンジャー三年目とかで、楽しませて貰う側だったけど、何かしたいなって思っててさ。参加するだけじゃなくね。自分にできる事って何かなって思った時に、「俺バイクポロ見ちゃったし、やっちゃった。」みたいな。


“In 2009, There was a CMWC Tokyo that was held in the heart of Japan and my co-worker was actually organizing this event. It had been just a couple years since I became bike messenger so that I was having a great time though I was not really getting involved. However, at that time I was only a part of it and I felt that I wanted to do something with what I do. After I came back from going abroad and saw what it is to play Bike Polo, I felt that I should do that here in Japan.”  

 

世界の人達が日本に来た時に日本にバイクポロって無い。バイクポロが日本に無かったら俺のせいじゃんっていうこう、使命を勝手に担ってしまったというか笑。だから、知り合い全員にこういう話をしたの。今話してる内容をしたの。めちゃくちゃ面白いからやんない?って爆笑。

個人的には十人に一人くらい興味持てばいいかなぁって思っててさ。でも、俺は変わらず同じデンションで話をしてたわけよね笑。「バイクポロって知ってる?」って。知るわけ無いんだけど笑。

そしたらちょこちょこ遊びに来てくれるの。遊びに来てくれて、ちょこちょこ定着していってさ。続けてたらなんか全然しらない人もやってきてくれて。勿論、自分一人で何もかもやったわけじゃないんだけどね。今でもちょこちょこやってる人はいるみたいで。

 

IO) コペンハーゲンまでいったんですよね?

 

TOMMY) メッセンジャーのヨーロッパ選手権ね。そうそう。その年のメイン会場がベルリンであって、そのベルリンのプレイイベントがコペンハーゲンだったの。でも今思えばだけど、ベルリンとコペンハーゲンってのはすげぇいい回、いい年にトッピングされてた感じだね。すげぇコアな年だったの。メッセンジャーとして、自転車、ヨーロッパ的にもね。すごい良いメッセンジャーもいっぱいいたしね。

でさ、メッセンジャーの先輩ですごい人がいるのね。その人が紹介してくれた人の家に泊まったんだけど、実はベルリンのドンだったみたいな笑。ベルリンのメッセンジャー界の!

“One of my co-worker, he’s a great dude and he introduced me to someone he knows when we are at Berlin and it turned out to be pretty amazing that he was actually a key person from store called “Keirin Berlin“.

 

あっ、そうだ!今日着てる服がそうなんだけど、「ケイリンベルリン」っていうお店があってさ。偶然。。これは導かれてるな笑。

 

IO) ケイリンベルリンについてアツくなってるところ申し訳ないんすけど笑。ピストって向こうの文化だったりとか、バイクポロもそうじゃないですか?

 

TOMMY) イギリスで生まれてアメリカがストリートスポーツにしたって感じかな?

 

IO) その海外の人達は日本の競輪のこう、技術力の高さとかスポーティなフォルムであったりとか、東洋フレームさんですとかその人たちが汗水垂らして作ったフレームとかがかっこいいって思ってるんじゃあないですかね?隣の芝生は青いじゃないですけど。。。。本当にKeirinってかいてありますよね笑。

 

TOMMY) ケイリンベルリンって名前だもんね!そこはね、お店とカフェみたいなのがあって、ビールは向かいのお店で買ってって言われるんだけど。みんなそこを溜まり場にしててさ、メッセンジャーとかがね。情報交換とかしてるの。で、俺海外から来たやつなのに、「お前メッセンジャーだからメッセンジャー割引な。」って言って色々安くして貰ったんだけど。それにやられちゃったね俺は。割引にじゃなくてメッセンジャーとして扱ってくれた事にね。

話戻るけど、向こうにいったそのコペンハーゲンとベルリンで行われていた大会がたまたますごい当たりだったから、いろいろ繋がった気がするの。偶然だけどね。

バイクポロはね。。あとは球技が好きだからね、バスケとサッカーも好きで。実はレース系は好きじゃないの笑。

 

13606901_1232449720101006_8428877741582321476_n

 

IO) いきなりですね笑。何故ですか?

 

TOMMY) 頑張るのがあんまり好きじゃないの。陸上競技とか?好きじゃないの。見るのもやるのも笑。だってタイム見りゃわかるじゃん笑?どっちが勝つか、駆け引きがあるねとか見る人が見るとあるらしいけどいやいやって笑。さらに言うと短距離走とかトラック競技とか大嫌いなの。だって持ちタイムでわかんじゃんって。実力が。

弱い奴は勝てないのが面白くないなーって。モチベーションが無いと頑張れないし。あとは遊び心が無いっていうかね。陸上に遊び心って無いっしょ?

”I find it boring to see the fact that winner is always going to be a winner which means for those who lose always lose. If you have at least chance to win then you want to capture it, right?”

 

IO) その話を聞くと思うのが、個人的な競技より団体競技の方が、やっぱり面白いと思いますか? バスケやポロも集団の競技じゃないですか?だから自分一人だけ頑張っても勝てないですし、かといって数人頑張っても勝てないじゃなですか。やっぱり、競輪もそうですけど陸上競技とか個人の戦いだから、自分が頑張れば頑張る程、努力が報われるじゃないですか。に対して僕も己との勝負はあまり好きじゃない。水泳も好きじゃないと思います。みんなが集まってドラマを作る方が楽しいし。

 

TOMMY) ゲームが好きなんだよね。球技って全部ゲームでしょ?皆で目撃出来るじゃん?対して、ロードレースって目の前通過されても誰かと一緒に共有出来ないじゃん?スケール感は良いとは思うけど。

“I basically like a team game. Any ball game is a team game, right? we all could get to see what’s happening and share it together. On the other hand, Road race would not be a subject to share when people who participated in just passed through in front of you. I like the big scale of it though.”

 

サッカーはちょっとででかいかな?楽しさで実際するとなれば、サッカーはでかいけどバスケならいけそうだし。見る側よりやる側みたいな。

音楽フェスもこれに当てはまると思うんだけど、世の中にさ、「私、フェスの為に生きてます。」って人いるじゃん?フェスの為働いてますっていう。でも実際はさ、出演者の方が気持ちよさそうだなーって。

 

IO) そのフェスに来る観客を演者として見るのが楽しいってことですか?

 

TOMMY) 演者自身だね。演者の方が絶対楽しいし。トイレ混むんだろうなって思ったり笑。観るのも楽しいけど、演者が楽しんでいるのに俺ら金払ってるのもちょっと癪に触るし笑。「絶対演者の方が楽しいだろうなぁ!」って思うけど、音楽はやんないし。自分が主体で何かやりたいってのはあるね常に。そうなら誰もやったこともない事をしたいなぁって思うのかな。

 

IO) それは完全に同意しますね。パイオニア精神というか。

 

TOMMY) 自分がやる意味無いって思っちゃうんだよね。先人がいるし、そいつがいるから自分がやる価値が見られないというか。

”I don’t necessarily think that I should be the one who start something that someone has already started doing. I think that there’s always someone as predecessor to do things. If someone’s doing what I think it is that I should do then It would be worthless to do. “

 

To be continued on next Verse of Individualist…

 

IMG_7508

 

※以下余談です。面白いと思ったので掲載する事にしました。

 

IO) 負けず嫌い、なんでも一番、俺一番、ジャイアン的に誰かを従えて前に進みたい。未開の地を、誰も見ぬ世界。ワンピースじゃないですけどね笑。もちろんおこがましさもありますけどシンプルに「おまえすげぇ」っていわれていんじゃないかなーってのがあるというか。そういうのを持ってないと男じゃないって思ったり。もちろん。 そういうのを持ってたら男としてすげぇなって思ったり。話逸れてますけど笑。

 

TOMMY) そんな考えを持っていないから、うじうじしちゃうんじゃないかなー。逆説的というかね。女々しいから先を見たいって思うんじゃない?だってさ、「これ誰かやってるじゃんすでに。」って思ってる時点で結構女々しいじゃん?めめしくない笑?そんな事考えなくてもやりたい事があればやればいいって。

女の人、特に今の若い女の子はその感覚がマジで早いっていうか。いろいろキャッチするのが早いのかなーって。いろんな事。だってすげぇ今の若い子って感度高いもん。何でもない子も知ってるし。早くない?すごくない?

 

IO) 早いとは流行りを知ることが早いってことですか?サイクルが早いってことですか?アンテナをいっぱい立てているってことですか?

 

TOMMY) 多分だけどね、その考えって男的な感想なんだよね笑。アンテナを立てても無いんだよね、今の若い女の子たちはそんな男的な感覚を早い段階から持って、もはや男女関係においては男は女より劣っているんじゃないかなって笑。

 

IO) それって結婚しないとわかんないっすかね?

 

TOMMY) 結婚しなくても俺は思ってたよ。結構、そういう感覚においては女の人が好きだからね。ゲイ、バイとかそういう問題じゃなくてね。女の人の方が初対面の際に感覚で喋ってくれるからバリアが無いっていうかね。

それに比べてさ、男の人は結構面倒くさい。オープンな人が結構まれかな。俺は結構意識してオープンにするようにはしてる。体得した笑。けど、厄介な人が多いと思う。


結構最初から女の人は自分の感覚を解放してるとは思うね。

 

IO) んー人と話すとき、初対面の時だと僕は人の話を聞くのが好きかなぁって。自分で話すのも好きですけど話過ぎたら申し訳なくなったりするんですよね。こう、より意識的に相手の話を聞こうとしてるし、したいし。相手を引き出しを開けたいというか。関西人的な性格かもしんないですけど、自分が知らない世界を共有してくれる人も好きですし。それを自分で吸収したりとか。

ダイレクトに受けるとなるとそれはもピュアな心はないですけど笑。ピュアに受け入れる事が出来ない年齢になっちゃったのかなーって。

 

TOMMY) んーでも、それはコントロール出来る気がする。頭が硬いおっさんと物腰が柔らかいおっさんっているじゃん?それって意識なんじゃないかな?知識が増えていくと、新しいことが起きた時にそれに近い知識を当てはめようとするじゃん?でも、それって時代や状況が違うと全く異なるんだよね。

よく聞く、「これってこう言う事でしょ?」ってやつ。でも実はそう言う事じゃ無いんだよねって。類似する事象を当てはめ続けていくと認識出来なくなるんだよ。知ってる事がすでに違うものに変わりつつある。それを認識出来ない事がおっさんになるって事じゃないかなって。実際ついて行ってると思ってるけど、遅れが起きている。全員もちろんずれはあるけどね。

 

Hiroshi Tomita a.k.a Tommy

FACEBOOK
INSTAGRAM

 

Copyright of Pictures (C) Hiroshi Tomita All Rights Reserved.

 

Post you might also like

Please share us to..Share on FacebookShare on TumblrShare on Google+Pin on PinterestShare on RedditEmail this to someoneTweet about this on Twitter

Comments are closed.

Post Navigation