Vol. 162 KIMY’s 2016 Top Japanese Music Album

I fortunately had a plenty of time for the last article so that I was spending my time without any rush but as I welcome the year end day by day, my work gets busier and busier… My frustration is beyond my capacity and I cannot handle it anymore haha. However, as I write pretty much what I want to say in this platform, I can actually get away with my stress and this time, I am writing for the sake of releasing my stress, booze with me and I would like to mention few of the best Japanese indie disk here.



前回の記事で余裕たっぷりな記事を書いたと思ったら、年末に向けて仕事も慌しくなり、筆者のフラストレーションも徐々に大変なことになってきております。しかし、このブログの執筆がリフレッシュするにあたって、上手いこと作用しており、今日は息抜きも兼ねてですが、お酒を片手に自身の2016邦楽ベストについて少し書いてみようと思います。

それではどうぞ。

 

① LAST WALTZ/World’s end girlfriend
Virgin Babylon Recordsより6年ぶりの新作。美しい炎に包まれた花のジャケットと同様、胸が締め付けられる様な繊細で耽美な音と、壮大な世界観が圧巻でした。

 

 

② Klan Aileen/Klan Aileen

Hostessとパートナーシップを締結したことで話題だったMAGNIPHからのリリース。筆者がWWWで見た彼らのライブは、今年のベストアクトの一つ。中毒性のある彼らの音楽にどっぷりハマりました。

 

 

③ Flesh and Blood/Yahyel
Hot butter recordsよりフジロックの初出演が記憶に新しいyahyel。筆者にとっては何か凄く新しい時代を感じさせられました。バンドメンバーは平成生まれのネット世代、聴いてきた音楽の幅が筆者とは圧倒的に違うのでしょう。うむ。

 

 

④ Fantome/宇多田ヒカル
8年ぶりの新作。母となり音楽性も少し変化があった様に感じますが、90年代ポップスで育った筆者にとっては、、彼女の音楽はやはりなぜか故郷に帰った様な気持ちになります。世界中でもかなり売れているようで、フィンランドのランキングでも1位だとか。

 

⑤ 夏盤/Kumagusu
自主レーベル無呼吸ファンクラブよりリリース。なんと言っても、今年1番お世話になったバンドしょう。捻くれすぎてるのにどこか爽やかな唯一無二のポップサウンド。バンドのメンバーの方々の雰囲気がとても良いです。

 

 

順位付けて発表したら面白いなーとも思ったのですが、私にとってこれらの作品は、それぞれが全然ベクトルが違うものなので、順位を付けをする事がとても難しい。。ということで今回はしませんでした。好みがたいぶ偏ってますが、とりあえず前編です。後編も近々。

 

Post you might also like

  • Vol. 99 Klan AileenVol. 99 Klan Aileen I went to an event called “NEWWW”, a regular event hosted by "WWW" and currently some of the hottest indie bands of Tokyo take part in the […]
  • Vol. 150 SmokebeesVol. 150 Smokebees Some of my favorite bands have come to japan back-to-back for their gigs since last month. Recently I got the information that “The xx" […]
  • Vol. 85 Jan and NaomiVol. 85 Jan and Naomi Hi everyone. This is a my first post. I have started studying English from last month, so I am also going to start trying to write article […]
  • Vol.161 MATSUMOTO TORUVol.161 MATSUMOTO TORU With less than ten days left in the year. Recently, I have been picking up Xmas presents with customers of my store at work almost every […]
Please share us to..Share on FacebookShare on TumblrShare on Google+Pin on PinterestShare on RedditEmail this to someoneTweet about this on Twitter

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Post Navigation