Vol. 166 Inoue Y interview part. 3

のインタビューの後、おそばせながら彼らのライブに初めて行かせて頂きました。自分が行った日のライブは、海外のアーティストの来日イベントだったんですが、トリはkumagusuという少し珍しい感じで、「外タレはお忙しいのかな?」とブッキングの関係で順番が前後したのかと心の中で思っていたんですが、そのイベントでのkumagusuのライブがめちゃくちゃカッコよくて、「トリなのも納得だわ〜。」と思いながらとても心満たされて帰ったのを覚えています。最近ではTwitterとかでも、彼らのライブはリスナーたちの間で、かなり話題になってるのをよく見ますし、着実に実力派バンドとして噂が広まってきてるんだなぁと感じるこの頃。まだチェックしてない方は是非チェックしてみて下さいね。それでは最後となりましたがインタビューの続きをご覧ください。



Following on interview with Inoue Y-san “kumagusu” onVol. 165 kumagusu interview part.2”.




IO)井上さんが描かれているイラストを、HPなどで拝見して、音楽とはまた違った、ポップアートの様な印象を受けました。絵を制作する上で、音楽での表現とは区別されている事はありますか?

井上さん)んー、根本的なイメージとしては、自分の中で、共通したものがあるんですけど、どちらかというと、僕は、もともと絵をちゃんとやろうと思ってた人ではないので、落書きとかはしてましたけど。なので、単純に技術がないんですよ。視覚的に良いものをって考えると、ポップアートとかって、本当は絵の技術がある人が下手ウマにやってたりするものですけど、僕の場合は技術がないから、割と削ぎ落として作るので、多分見易くなるんだと思います。

 

IO)Your illustration seems to be contemporary and pop when I looked at them on a website of your band. Do you have any particular ways to differentiate the expression of illustration from the expression of music?

Inoue-san) Hm…I think that there are several similarities between the expression of illustration and the expression of music as my basic images in my mind. I used to doodle but I did not try to be an expert of painting so that I do not have special skill of paintings whatsoever. I think pop arts are things that expert painters draw them in a poor way on purpose I guess. However, I can only draw simply because I do not have skill when I try to draw something that graphically interesting.

 

IO)ちなみに、絵はどういった方法で描かれているんですか?

井上さん)あれは、漫画の原稿用紙にインクで絵を描いて、それをスキャンして、photoshopで彩色してますね。

 

IO) How do you draw your illustration?

Inoue-san) First of all, I draw them on manuscript papers for comic and scanned them to PC. After that, I gave color to them using photoshop.  





IO)音楽を制作する上で、イラスト制作と共通している事ってありますか。

井上さん)シンプルさに関しては、ソロでやっている音楽が近いかもしれません。ソロだとかなり削ぎ落として作るので。バンドだといろいろごちゃごちゃしてきますね。100%僕のワンマンバンドってわけでもないので、それぞれ個性もあるじゃないですか。組み合わさっていくと、また違う形になっていくので。

 

IO) Do you have any in common between the making your music and drawing your illustration?

Inoue-san) As for simplicity, I think the expression of my solo project may be close to the expression of my illustration because I draw my illustration rather simple. But our band is not my one-man band and each members of our band have their own characteristics so music of our band become more complicated than my solo project.




IO)kumagusuと井上Yの活動の違いって何でしょう?

井上さん)そうですね、全然違うものとして捉えてもらえるようにしたいですね。
いつからかな。一昨年の年末ぐらいから、ちゃんとソロを始めたんですけど、kumagusuは6年やっているんですけど、メンバーの中一人が専門職につく過程で専門学校に行ったりしてて、ライブ活動を1年〜2年位削りっぱなしの時期があって。去年の4月くらいから就職がちゃんと決まって、またライブ活動もどんどん増えていくんですけど、そのギリギリの時期というか、ライブ活動を抑えてた時期の終盤の方で、「なんかやんなきゃヤバい。」ってなって。(笑)それでソロ活動を始めました。

 

IO) Please tell me the differences between kumagusu and your solo “Inoue Y” Project.

Inoue-san) I hope you guys capture those activity as different kind of things.
I started my activity in earnest since about the end of the year before last. kumagusu started 6 years ago. During these 6 years, our band had a certain period that we had no choice to stop playing gig for 1 or 2 years because one of our members went to a vocational school to persue his profession area. And then, I was getting impatient for the fact that I did nothing. So I started my solo project because of that.

 

IO)そういうきっかけだったんですね。(笑)何か、ソロでやりたいことがあったのかと思ってました。

井上さん)前々から、一人でギター弾いて、自分用の曲を作る試みもあったんですけど、あんまり上手く出来なかったのが、一昨年ぐらいから、なんかまとめられるようになったのと、その「なんかやんなきゃヤバい。」って気持ちがこらえ切れなくなって。(笑)タイミングが合ったと言いますか。

 

IO) That’s why. I completely thought that you had something you want to do as a solo.

Inoue-san) I have been playing a guitar alone and I have tried to write songs for my solo before. But I could not have written songs well for a while but somehow I managed to complete the songs I wrote from the year before last. So the time I managed to complete the songs was the same time I was getting impatient as I did nothing. Then I could not control my desire to start my solo haha.




IO)今後海外で活動したいと思いますか。

井上さん)どうでしょう。海外行ってみたいですけどね。流通とかはしてみたいと思いますけど、実際行って本格的にそこで活動するっていうのはなかなか難しいでしょうね。けど、もし海外でCD出すってなったら日本語の曲が良いなって思います。

 

IO) Would you like to perform or sell your music overseas from now on?

Inoue-san) I am not really sure about that. I would love to go overseas. I would also like to distribute our music overseas but I think it is difficult that we actually go overseas and active in earnest. If our band release our record overseas, I want to release songs in japanese lyrics.

 

Inoue Y “kumagusu“”
WEBSITE
TWITTER
YOUTUBE
AMAZON

 

Copyright (C) “kumagusu” All Rights Reserved.
Picture’s Copyright (C) “kumagusu” All Rights Reserved.

 

Post you might also like

  • Vol. 118 Jan and Naomi InterviewVol. 118 Jan and Naomi Interview My initial debut interview is one of my favorite bands of all time! They are one of the icons for Japanese indie music scene now and I […]
  • Vol. 165 Inoue Y interview part. 2Vol. 165 Inoue Y interview part. 2 Following on interview with Inoue Y-san “kumagusu” on “Vol. 163 kumagusu interview part. 1”. […]
  • Vol. 163 Inoue Y interview part. 1Vol. 163 Inoue Y interview part. 1 自主レーベル"無呼吸ファンクラブ"の立ち上げ、1stフルアルバム”夏盤”のリリースなど、着実に自身の考えや思いを形にされている kumagusu 井上Yさんに昨年の10月の半ば、巣鴨にある井上さん行きつけの焼きとん屋 […]
  • Vol. 157 kumagusu interview part.2Vol. 157 kumagusu interview part.2 Following on interview with Inoue Y-san “kumagusu” on  "Vol. 153 kumagusu interview part.1”. On the street, Halloween was already has […]
Please share us to..Share on FacebookShare on TumblrShare on Google+Pin on PinterestShare on RedditEmail this to someoneTweet about this on Twitter

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Post Navigation