Vol.167 Individualist “Chptr 17 and Vrs 1” S.M

First of all, I would like to say that I have been away from this platform for so long that I almost forgot how to run lol. Just because my life has changed in a way that I get way more busier than last year. I know this is an excuse over and over again. So I just stick with what I do here again one last time. I would love to keep doing this ongoing journey with great peeps that I get to know so please allow me to continue. 

This time, I got to know him through social media and he was willingly to be patient with me doing this so I just wanna say my sincere gratitude for him and hopefully I could let his peeps around him know what he has been doing out here in Japan and his thought on his craftsmanship through his life. 

 

まず始めに、今まで続けてきた事をしばらくお休みしてしまい申し訳ありません笑。このプラットフォームから離れすぎて、色々な方法を再度確認しないといけないくらいになっておりました。私生活にも少し変化があり。。いや、未だに苦しんではおりますがなんとかまた再開出来た事をご報告させて頂きます。継続って難しいよね笑。言い訳はええわ!と自分に言い聞かせたくもなりますが、なんとか頑張っていこうと思いますので宜しくお願いします。

今回の方は某靴職人のインスタを拝見し、知った方。なんともまぁ辛抱強くお待ちいただいて感謝しております。このお方の周りの方や、アメリカの友人、家族にも見て頂けたらなと思います。

それではどうぞ!

 

 

Islander’s Orb 以下 IO) あなたは誰ですか?(ご自身の解釈でお答えください。オンとオフのような形があればぜひ!例:革職人、スポーツマン等)。出身も教えてください。

セイジ・マッカーシーさん 以下セイジさん) ハンドメイドやオーダーメイドの革靴作りを始めるために昨年東京に移り住んだ40歳のハーフ、そして日系アメリカ人の者です。以前はNBAにてスポーツマーケティング関連の仕事をしていましたが、スニーカーのデザイナーに憧れ、目指していました。しかし、NBAを去り、デザイン学校で靴作りを学んだ後自分の中で考えが変わりました。革靴を作り続けて6年程になります。私が製作するレザーソールの靴はすべて自らの手で行う伝統に基いた靴の製法にて作っています。

 

IO) Who are you? Please tell us about yourself. (Please tell us about how you interpret this question).

Seiji-san) I am a 40 year-old half-Japanese American who moved to Tokyo last year to start a handmade shoe business. I worked before in sports marketing at the NBA and wanted to be a sneaker designer, but I changed my mind after going to design school after leaving the NBA. I have been making shoes full-time for about 6 years. I make leather-soled shoes using traditional shoemaking methods, all by hand.

 

IO) ブランド、会社、アートワーク、自身の行いの概要等をお願いします。(説明文、コンセプトなど)

セイジさん) NBAでの仕事を辞めた後にイタリアにあるデザイン学校へ通いました。そこで人生で初めて丹精込められて作られた革靴を履いたのですがその際、靴をデザインしたいと思うだけではなく、自らが職人を目指し、職人になる事によって最高級かつエレガントな革靴を自分で作りたいと思うようになりました。

クオリティの良い革靴を履いた時の感触や気持ちはとても良いもので(おそらく見た目もずっと良くなっていたと思います)自身が感じたこの感覚を他の人にも感じて欲しいと思い、靴作りをしようと決めました。

すべての靴作りの工程を自らの手で製作を行っています。約6年もの年月を費やし、チャレンジや苦難を乗り越え自分がイメージする理想の革靴にたどり着いたのではないかと思いますね。

 

IO) Please describe yourself with detail in regards to your occupation, your concept in your creation, explanation of yourself regarding to what you do, your entities etc..

Seiji-san) After quitting the NBA I went to a design school in Italy. When I was there I tried on well-made leather shoes for the first time in my life, and I decided that I did not just want to design shoes, I wanted to make the highest quality most elegant shoes I could by becoming a craftsman. I felt very good when I put on the quality leather shoes (and probably looked better, too), and I decided I wanted to make shoes that made people feel like I did in this moment. I make each shoe completely by myself with my hands. It took about 6 years with a lot of struggle and challenges to learn what it takes to make the kind of shoes I dreamed of originally making.

 

IO) ご自身の行い、存在やクリエーションを始めた具体例やきっかけはありますか?

セイジさん) 私一個人としては、自分が育ってきた環境(アメリカ)や、ハーフであり幼い頃や今を含め日本や東京にいる事、様々な場所や地域で勉強し、働き、住んでいた事が今の自分を形成していると思います。フィラデルフィア、サンフランシスコ、東京、ロンドン、ニューヨーク、シンガポール、北京、ベルリン、そして再び東京ですね。

ブランドのアイデンティティ(ロゴなど)としては、東洋と西洋のデザインのモチーフを合わせて作りました。私が作る革靴は西洋のものづくりにおける歴史や伝統に敬意を払いつつ、日本人が併せ持つディティールへの気配りや革新さに焦点を当てて製作しているものですね。アイデンティティとしてこの西洋と東洋のそれぞれの良さを反映していると思います。

 

IO) How did you start to form your own identity? What motivated you?

Seiji-san) My identity as an individual has been formed by where I grew up (USA), being half-Japanese and coming to Tokyo when I was a child and adult, and also from studying, working, and living in different places — Philadelphia area, San Francisco area, Tokyo, London, New York, Singapore, Beijing, Berlin, and now Tokyo again.

My brand identity (i.e. the logo) was formed through combining Eastern and Western design motifs. My shoes are a traditionally Western product made with a Japanese-like attention to detail and focus on innovation. My brand identity maybe reflects this.

 

 

IO) ご自身の姿勢、指針、行動、存在やクリエーションにおいての影響をうけたものは何ですか?(インスピレーション等、具体例。)

色々な事に刺激や影響を受けています。人、場所やものなどは言うまでもなく、アートや音楽などはもちろんの事、人生において人が見たり聞いたりといったすべての経験において影響を受けていますね。物事の本質や、内から出てくる言葉では説明できない何かにも魅力を感じます。ですが、何をおいてもシンプルさと無垢さにはかないません。

デザインやスタイルの観点からだと、60年代初期のスタイル、デザイン、自動車、建築、音楽、映画などに影響を受けています。おそらくですが、無垢なものや時代を先取りしたようなものを作りたいという願望から来ているのかもしれません。ですが、やはり伝統に忠実であったり日常で実際に使用したりするものを作りたいという願望も併せ持っていますね。

 

IO) Who/What inspires you?

Seiji-san) Many things inspire me, from people to places to objects. And of course art and music and everything that one experiences in life. Anything that comes from the heart inspires me. Simplicity and purity above all.

From a design and style standpoint, I particularly like early 1960s style, design, automobiles, architecture, music, film, etc. which maybe came from the desire to create something pure and forward-looking, but still rooted in traditions and used in daily life as real objects.

 

IO) ご自身の作った作品や行いに関係して頂いた方へ、どのようになって欲しいですか?

セイジさん) クオリティとスタイルがあるものが好きですね。それゆえ、私が心を込めた靴を購入してくれたり、気に入ってくれた人がスタイリッシュになったり自信を持って頂けるよう手助けしてくれるような靴作りを目指しています。素敵な靴を履くといつも履いている靴より当然気分がいいですよね。自らの手でクオリティを追求した靴が履いた方に感じて頂き 、気分が上がるのを体験してもらいたいですね。私の靴は丹念にその方だけの為に作られた靴なのです。

 

IO) Your wish for those who appreciate your art/creation/product/ doing, Followers.

Seiji-san) I like style and quality, so I hope people who like and/or buy my shoes feel that they are made with great care to help them feel stylish and confident. When you have on nice shoes, you feel much better than when you don’t. And I hope the quality I put in them somehow is felt by the wearer. This product is made just for them with great care.

 

 

IO) ご自身の行い、存在やクリエーションのトレンドと傾向やその後の未来像はありますか?

セイジさん) トレンドや流行はデザインにおいて変化を与え、物事に対する視点をフレッシュにし、常に新しい目線で見る事を可能にすると思います 。ですが、結局はクオリティがあり美しいものはトレンドに左右されず美しいとも思います。

なので、トレンドや流行を追うことによって新たな美しいものやクオリティのあるものを発見することは出来ますが、追いすぎないこと。そうすることによって自身の審美眼が失われないようにする事も重要だと思いますね。

 

IO) What are your thoughts about trends, your entities current situation, and your product? The future?

Seiji-san) Trends are good for inspiring changes in design and keeping your perspective fresh and updated, but ultimately things that are beautiful have a quality that is beautiful regardless of trends. So I would like to be inspired by trends to rediscover things that are beautiful, but not to follow trends too much so that the original sense of beauty is lost.

 

To be continued on next Verse of Individualist…

 

Mccarthy Seiji “Seiji Mccarthy”
WEBSITE
INSTAGRAM
TUMBLR

 

Copyright of Pictures (C) Seiji Mccarthy All Rights Reserved.

 

Post you might also like

Please share us to..Share on FacebookShare on TumblrShare on Google+Pin on PinterestShare on RedditEmail this to someoneTweet about this on Twitter

One Thought on “Vol.167 Individualist “Chptr 17 and Vrs 1” S.M

  1. Pingback: Vol.170 Individualist “Chptr 17 and Vrs 2” S.M |

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Post Navigation