Vol. 173 Individualist “Chptr 5 and Vrs 4” Bob Hattori

Following on interview with Bob Hattori “Mojikaki” on
“Vol. 164 Individualist “Chptr 5 and Vrs 3” Bob Hattori”

So many shit in mind and without a doubt that I can really control myself in a way already.. Yet, I would love to keep track of what I do and I try not to mess it up. 

なお、過去のインタビューはこちら。
Vol. 114
Vol. 115 

 

IO) 文字の話についても少し触れたのでお伺いしたいのですが、書く時の自分のここから書き始めるとか、描く方法、どこからスタートするのか等だったりとか特に考えないですか? 下書きであったりとか?


Bob) デザインは下書きもしない。こないだのデザフェスのやつはなんとなく円形でこういう風にしようっては思っててね。テキストも決まってたし。でも、最終的にあんな形になるのは俺も知らなかった。


IO) そうですよね。一瞬、真ん中のデザインも書き直してましたよね?書いたり、消した り。


Bob) そうだね。書いた時に周りの文字の感じと真ん中の密度が違って見えてさ、気 にいらなくなっちゃって塗りつぶしたんだけどね。

結果的にはそれで裏から僅かに透けてなかなか良い味になったからさ、怪我の功名と いうかね、良かったんだけど。

本当にちゃんと考えて書く事も勿論あるけど、こういう風に書こうって。でも 、だいたい何も考えないで書き始めて。だから失敗する事もあるけどね笑。

 

Bob) ” Before I started to write something, I would start to write without thinking of anything for most of the time. Sometimes I get to think what I will be writing otherwise I would fail for what I want to write. haha. “

 

 

IO) デザインのプロセスにおいてですよね。何も考えなく書くとズレたりミスったりって やつですねよね。


Bob) そうだね。でも考えて書くと面白く無くなっちゃうんだよね。それはつまらんという かね。それは何か違うかなぁってね。

だから人から頼まれた時は下書きもちゃんと描く。けど、自 分が作品を作る時はあんまり考えない。せーので線書いて収まってよかったねみたいな 笑。

やっぱり書きたいテキストは長すぎて全然足りないこともあるんだよね。単語の途中で切 れちゃうこともあるし。


IO) 読み方等も気になりますけどね、仰ってましたけど、“あいうえお” っていうのをカリグラフィーに落とし込むとギリギリ読めるか読めないっていう妙義というか。そういった面白さも一つだと思っていますけどどうお考えですか?


Bob) それもそうだね。あー! つい最近、日本人には絶対読めないアルファベットっていうのがあって。

 

 

IO) 海外に行った事がある人しかわからないやつですか?


Bob) 簡単に言うと、アルファベットがカタカナ。見た目も殆どカタカナ。でも、言われてみれば、アルファベットなんだよね。僕も一瞬んっ?! ってなるけど、これを日本人が見るとね。僕はこのレベルまでいく と面白いかなって。

 

Bob) “Simply put, Alphabet is Katakana. Looks like mostly Katakana. But Actually this is Alphabet if you put it into different perspective.  I was like “what!?” when Japanese sees this letters. I think it would be interesting if i could go this far. ” 

 

IO) 騙し絵くらいのニュアンスまでいくと面白いって事ですかね。


Bob) そうそう。海外では読めないカリグラフィーなんてざらにあって。これは何て書いて あるのってのがたくさんあって。それくらいになってくると、まぁこないだHHH gallery に展示されていたusugrowさんは本当にそんな感じだと思うね。

 

Photo credited to “USUGROW



IO) 僕のイメージだと象形文字というか、梵字に近いというか。


Bob) すごくアジアン、中東チックな形してて独特な文字をしていると思っててさ。


IO) 写真も撮ってきたんすよね。


Bob) 全然がっつり撮っていいんだね。まぁ、カリグラフィーも自分で書き始めたときに当然動画とか作品とかたくさん見たんだけど、もう色々なんだよね。書き順だったり形が結構違ったりとかで。Aを描くときに縦の棒から書き始めたりとかね。


IO) 書き順ですらその人それぞれってことですよね。


Bob) そうだね。それで多分だけど最終的に形になればよいって話だよね。つまりは書き順、筆運びを考えないで崩せるってとこかな。 僕は寄席文字ってのも趣味でやっててね。寄席文字では漢字の書き順がぐっちゃぐちゃなんだよね。要は形が大事で。書き順は二の次。

普段手慣れて書いている流れから離れたときに、どこまで崩せるかってのが面白くて ね。線を沢山増やしたりっていうかね。逆に線をどんどん減らしていったりとか。そうい う文字で文章を書いた時にどこまで文章として成り立つか。っていうのは醍醐味だよね。

どこまで崩して読めて、書けるのか。文字として成り立つのか。

 

Bob) “How far I can break down the shape of word itself and be able to write, then see them as a letter. That’s what i would like to do” 

 

IO) 人間の頭の中で何書かれているかを認識させるってやつですかね。


Bob) そうだね。そういうレベルまで持っていけるとすごい 楽しいしね。けど、 それが難しいんだよ笑。AからZまで考えるのがなかなか難しくてね。なかなかで出来ずにはいるんだけどね。うまくいかないときもあるしね。でもそこまでいけると面白いと は思うよね。

あ、オレしゃべり過ぎだったらいってください。しゃべり過ぎ出したら止まらないのよ笑。

 



IO) 皆さん、今まで色々な方とインタビューさせてもらったんですけど、当然ほぼ全く初対面の知らない人とお話させて頂いているんですけどね。でもやっぱり、そう仰って頂いています笑。

アーティスト気質のある方って自分の考えてる事って相手に伝えたい、言い方すらおこがましいかもしれないですが、それこそが真骨頂というか、秘めているもの、考えているものがたくさんあるって思うんですよね。それをぜひ聞かせて頂きたいので問題ないです笑。

 

IO) “Everyone including all these different types of people, I think that they have their great extent of world in themselves that they want let let it out. it might be inappropriate to say but that’s one of the greatest thing about artist. Things that is hidden in their own box, thoughts that had been swirling in their own mind, that’s what I would like to hear and I have no problem with myself listening to every word of it. “


Bob) 革製品作ってる人の記事も読ませてもらったけど、どんどん引き出してくれて自分が 考えても無かった事がどんどん出て来てびっくりしたって書いてたね笑。


IO) あの方とも今、お財布のお話もしているんですけどね。なんせ貧乏なモンで、なんと か10回払いにして欲しいなとか思ったりしてるんですけど笑。その方も、毎度連絡とか くれて親身になってくれるお兄さんになってくれてて笑。


Bob) とにかく今、この人だけじゃないけどいろんな人とコラボレーションもしてみたいっ て考えてるんだよね。コラボレーション出来ると楽しいなと思うし。なかなかUSUGROW さんみたいにすごい有名だったら簡単に出来るけどね。


IO) そこも僕がキーとしているところの一つなんですよね。皆さんそれぞれが地に足つい ている。家族があり、お金が必要でよりリアリティのある方々とお話したいと思っているんですよね。USUGROWさんがそうではないとかそんな話じゃなくて。もう知名度もある し、お金もお持ちであると思いますが。


こんな方々はもっと周りにも同じような方がいらっしゃると思うんです。そういう方向性じゃなくて、僕としてはより近い距離でお話したいってのも目的なんですよね。お互い共通項があって、楽しいこと、面白い事がお互いあればリアリティがあるとは思うんで。


Bob) 普通はみんなそうだと思うんだけどね。

 

To be continued…

 

Bob Hattori a.k.a Bob the “Mojikaki” 
WEBSITE
INSTAGRAM

 

Copyright of Pictures (C) Bob Hattori All Rights Reserved.

 

Post you might also like

  • Vol. 164 Individualist “Chptr 5 and Vrs 3” Bob HattoriVol. 164 Individualist “Chptr 5 and Vrs 3” Bob Hattori あれは2016年の暑かった夏頃。都心から少し離れた彼のアジト(DIY精神がたっぷりつまった言わば男が夢見る隠れ家笑。)へ訪れ、扇風機からの風を肌に感じながら話を伺いました。若干の緊張と、熱い日だったので少しでも気を和らげる為に飲み物を持参していった気がします。お互い汗にまみれな […]
  • Vol. 115 Individualist “Chptr 5 and Vrs 2”Vol. 115 Individualist “Chptr 5 and Vrs 2” Following on interview with Bob Hattori on Vol. 114 Individualist “Chptr 5 and Vrs 1”. What is art? Since I have been a huge fan of art […]
  • Vol. 174 Individualist “Chptr 5 and Vrs 5” Bob HattoriVol. 174 Individualist “Chptr 5 and Vrs 5” Bob Hattori Following on interview with Bob Hattori “Mojikaki” on "Vol. 164 Individualist “Chptr 5 and Vrs 4” Bob Hattori" One of my fellow […]
  • Vol. 114 Individualist “Chptr 5 and Vrs 1”Vol. 114 Individualist “Chptr 5 and Vrs 1” Next chapter begins. This time, it was pretty and smoothly get the job done with this dude "Bob Hattori". He is willingly to share his […]
Please share us to..Share on FacebookShare on TumblrShare on Google+Pin on PinterestShare on RedditEmail this to someoneTweet about this on Twitter

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Post Navigation