Vol. 174 Individualist “Chptr 5 and Vrs 5” Bob Hattori

Following on interview with Bob Hattori “Mojikaki” on
“Vol. 164 Individualist “Chptr 5 and Vrs 4” Bob Hattori”

One of my fellow writer has been pissed off by me for not pursuing what I am supposed to be doing in this blog….. My tasks just overwhelmed to the point where I feel like ” oh well, I gotta do this but too many of them just keep hitting on me that I can’t take them anymore. ” Yet, I just don’t want to get away with this because I will definitely regret if I postpone so.

Life’s been really up and down recently. I now somehow became part of start-up clothing company and I am having one of the most difficult task that I have ever had. I don’t really blame for this society but most of us Japanese brought up with collective mindset which allow us not to think and act on our own belief. On the other hand, my company have me think on my own to pursue pretty much whatever needs to be done to engage with customer and work for them. Hopefully I somehow manage to do something worth for our customer and feel myself proud on what I possibly do for them.


なお、過去のインタビューはこちら。

Vol. 114
Vol. 115 

 

 

IO) ちょっとこう、ご自身の事からカリグラフィーの事について話は流れてしまいまし たが、ご自身の芸術活動について。「創造すれば、争いは無くなる。」と仰って頂いてたんですけど。

そのまぁこのご時世、小さいところだとお隣さんの騒音だったりだとか、大きく言えば戦争だったり紛争だったりあるわけで。そこで芸術的な要素が紛争を解決する事に関してのオリジナルな言葉を加えてお話を聞きたいですね。インタビューで仰って頂いた事に関してのご自身の言葉で説明を加えていただければと思います。


Bob) そうだね。クリエイティブって、自分はすごい真剣に考えた結果出来るものなんだと思っているんだけど、何かを作る事とかってね。

 

Bob) “The definition of creativity for me would be the result of pondering too hard on creating the needs for yourself. Especially when you are about to create something from the scratch.”

 

例えば雨漏りがあると。雨漏りがするので水を受けるものを何にしましょうって僕が考えたとき、僕はバケツにしました、隣の奥さんはタライにしました。で、バケツは場所取らないんだけど、貯まってくると水しぶきが飛ぶ。タライは場所とっちゃうけど周りに水しぶきが飛ばない。っていう話の中で、お隣さんと喧嘩とか紛争って起こらないよね。

 

お互いが良くなる為に、いろいろ意見を戦わせようっていう世界。その世界が来る。皆がものを作るようになればね。と思っていてね。そのツールの一つとしてアートがあった り、家具作り、リノベーションとかもあるんだろうなって思うの。単純に一つの村として考えた時に、全員がなにかしらものづくりをしている村があるとす るじゃん? そうすると、皆がそれぞれ全員違うスキルを持っている村になる。そうすれば、 勝手に協力しあうようになるじゃん?料理が得意な人がいて、そしたらその人呼んで皆で集まって料理作ってもらう。そのかわり、うち家具作ってるから、その場所に家具作るよって風にね。ワイン作ってるから持ってくるよっても。

それぞれの協力関係がだんだんと出来ていくんだろうなって思ってて。それは小さいこと、大きいこと関係なくて。それぞれがもつスキルを持ち寄って活動すればその地域、国は紛争が無いのかなって思うね。

根本的にはものが欲しいっていうのが無くなるというか。そいつの持ってるこれが欲しいって多分無くなってくると思う。そいつが持ってるものが欲しいとか、そいつの方が自分よりも有利だから、そいつを蹴落としたいっていうのは多分クリエイティブの世界では 無いと思うんすよね。

でも、自分自身が文字書いているのを見て、なんとなく文字書いてみた。隣の書いている人の方がかっこいいなぁって思ったからって書くのをやめちゃうと、 それはクリエイティブでは無くなるというかね。向こうは向こう。俺は俺っていうね。そのスタンスで書くか、隣よりうまくなるぞって思った瞬間からクリエイティブになるというかね。クリエイティブさはそこから上だと思うね。

 

Bob)” As I looking myself for what I do, I just started to do this somehow on certain occasion. I guess creativity is not coming from the attitude that looking someone next to me and think “Oh this guy’s better than me” then quit writing my style. I guess that’s not how creativity is born. “I am me and you are you”. Either this style or “I want to be better than anyone else” type of attitude, those are the keys to be able to become creative and that’s what define “creativity””

 

そのレベルまで行く。皆がそう出来るとすごく有意義な状態になることが出来る。そういっ た風にしていけば理想ではないかなって思うね。

俺が農業を勉強した時の師匠がそういってたんだけどね。自分がそれに共感してなんだけどね。

 



IO) 人間の世界って周りに誘惑が多いじゃないです?僕も以前働いていた時には女の人、お金、名声、お酒っていうのも周りにいっぱいあって。 でも、芸術活動をしているとそういう風なことが無くなるくらいに自分自身に対して本質的に見つめ合うことが出来る機会があるのかなって思ったり。

自分で体現することが出来たら、お酒、女の人を考えず煩悩みたいなのが無くなる。自分でそれについて考える時間が多くなると、だんだんやめたほうがいいかなって思ってる瞬間があるというか。

何かを表現する、体現する、芸術活動は自身の煩悩に費やす時間を削らないとやっていけないのではとも思い始めてるんですよね。

なので、芸術活動が戦争を無くすであったりっていうのは私利私欲があるが故に起きてしまうのであって。良くない事を考えてしまう。じゃあ自分の時間をよりどういう風に使えば良いかって考えた時に妙に納得したというか。

基本的には、このブログを真面目に続けてたらお金は無いけど、よりお金では得る事が出来ない経験を得る事が出来ているし、興味を満たす事が出来ていると思っているんです笑。


Bob) たまたま偶然かもしれないけど、最近選挙だったじゃないですか。( このやりとりは去年の選挙の時に行われた。)まぁ選挙だから、色々な事をみんなつぶやいたり。で、ある人、先輩なんだけどメッセージをやりとりしててね。 「何で選挙に行かねぇんだ。」と。「何で投票率ってこんなもんなんだ。全国的に見たら何で行かなねぇ。少ねぇ。」みたいな話をしててね。

そしたら、「日本人は何も勝ち取って無いからじゃないっすかね。」って。 「自分で何も勝ち取ったこと殆ど無いじゃないですか。」ってね。

 

Bob)” One of my friend told me that “How come most of Japanese are not willing to go for a vote?” and I would be like “Because most of us had never have a chance to fight to secure anything.”  

 

俺が生まれた時からだってカラーテレビあったし、ただあるものが当然。生まれたら教育が当然にある。蛇口を回したら普通に飲める水があってさ。パソコン一台あれば何でも出来ちゃう時代になっちゃってね。「与えられたもので満足している国っていうのは自分でから動かないんすよね。」って話をしててね。

どっかそれだけじゃ満足出来ないっていう火種があって、それがバッと広がった時に、変わったり動いたりする。でも、今は全然そんな必要ない。飲みたきゃ飲み屋に行って280円のおつまみ食って300円のビール飲めばいいし、お姉さん抱きたかったらね、店行っ たらいいし。

さらには賭博が無いですって言いながら、競艇、競馬、競輪、パチンコはあって。まぁもはや周知の事実なんだけど、無いっていう事になってるけど実は賭け事してるし。

日本って上手に欲求を満たされる社会になってるうだろうなって。それから、僕らは民主主義って名の下で欲求を上手に満たされる社会に対してどこか目をつむってるんだろうなっ て。民主主義国家なんだからさ、それだけ幸せに生きて行けるよっていうのがあって。

 

Bob)” I feel that Japan is where you can satisfy your needs pretty easily without hassling your ass off. Plus, under the system of “democracy”, our society has a easy way to satisfy our needs and squeeze our eyes tight shut for what’s more to hold. Since we are living under the society of “democracy”, We feel that we can live happily ever after sort of feeling that we own.”  

 

だから別に今のままでもいいじゃんっていうのはあると思うよ。でもそれって、クリエイ ティブな事をしてるわけではないよね。


IO) 流れに沿って生きている。今まであったものに対して。


Bob) でっかい流れに乗ってるんだよね。すごい大きい流れにプカプカ乗ってる。 でも、三宅洋平みたいにその流れの中から横に泳いで行って「みんなおかしくねー?」って流れの叫ぶやつが少しづつ増えて出てくるんだよね。

こうした人間がそれなりにいて、東京だけで見るとちょっと投票率が上がったというかね。 まぁ投票できるのが18歳以上になったから上がったのもあるけど、俺の住んでる場所だって投票率上がったって聞いたしね。でも全国的にみたら、やっぱり自分の生活を守るために必死だったりするからね。与えられたもので満足しているからかなっていう事。

 

 

IO) このお話も、最後に聞く質問に通じる部分があると思ったんですけど。。 僕は選挙行かなかったんですよね。

自分が働かないと行けなかったりとか、その夜インタビューとかさせてもらってたんですけど。まぁちょっと行けばよかったなって思って後悔してる自分もいますけど笑。でもどっかでされど一票、たかが一票っていうありきたり考えが浮かびましたし、誰がどういう風な政策とか打ち出してるかとかも知らなかったので、じゃあ無投票でもいいんじゃないかって 思って。

自分が日本人の事すげぇと思っているのに、日本の事考えて無いのって矛盾してるなーっ て思うんですよね。さらにずーんってなってるっていう笑。


Bob) 今回も選挙の話をしに来てるわけじゃないからね笑。けど、一つだけ言わしてもらう と、選挙にいかないの実際問題として民主主義だからね。行かないってのも選択。だから 僕は100%攻めることが出来るとは思ってない。

ジョージ・カーリンって知ってる?もう120年位前に亡くなったスタンダップコメディアンなんだけどさ、ものすごい社会風刺が得意な人なの。その人が頭も切れる人でね。

ちょうど大統領選挙のころだったのかな? みんな選挙に行 かなかったやつは選挙結果に文句は言えないって言うけどそれはおかしいじゃないかって言うのさ。おれは行かずに家で選挙の結果見ながらビール飲んでた。何も行動していない、何もやっていない、そいつに投票したのはおまえだろ? おれは全然悪くないよねってね。

IO君が 選挙に行かないってのは日本の事を考えてないんじゃないかって思ってるのなら、次回に行くのならそれはそれでオッケー。だし、そじゃない人もいるし、はなから行く気ない人もいるしね。

もう行ったらいつも自民党が勝つから自民党にいれちゃえみたいな人もいると思うし。まぁでも落ち込んでるだけまだましな方だと思うよ笑。行かなかったことを落ち込んでいるだけでまだいいよ!

ふと思うのが、うちのチビが選挙権を得た時に選挙に行けないみたいな社会になってたら嫌だなとは思うよ、僕は子供がいるからね、やっぱ子供が基準になってくるとは思う よ。

Bob)” I wonder that I feel bad when my kids are not allowed to go for a vote under the society where we live in for the future. Since I do have a kid so I think my kid would be my standard way of life. “

先々の事を考えるとやっぱりあらゆる場面において意思表示はしないといけないんじゃないかなってのも思うね。俺の書いた選挙の紙は俺が書きましたって実際表記されてるわけじゃないし、入っちゃったら他の投票用紙と混ざっちゃってわかんなくなっちゃうってね。 でも本当にやったのっていわれると、自分のこの手で入れたから俺しか証明することが出来ない。けど結局は自分の意思で自分でやったっていうのを自分で認識することが大事だ けどね。チビと一緒にいれたんだけどね笑。

それはそれだけどね。日本人なのかなーこんな考え笑。

 

 

Bob Hattori a.k.a Bob the “Mojikaki” 
WEBSITE
INSTAGRAM

 

Copyright of Pictures (C) Bob Hattori All Rights Reserved.

 

Post you might also like

  • Vol. 115 Individualist “Chptr 5 and Vrs 2”Vol. 115 Individualist “Chptr 5 and Vrs 2” Following on interview with Bob Hattori on Vol. 114 Individualist “Chptr 5 and Vrs 1”. What is art? Since I have been a huge fan of art […]
  • Vol. 173 Individualist “Chptr 5 and Vrs 4” Bob HattoriVol. 173 Individualist “Chptr 5 and Vrs 4” Bob Hattori Following on interview with Bob Hattori “Mojikaki” on "Vol. 164 Individualist “Chptr 5 and Vrs 3” Bob Hattori" So many shit in […]
  • Vol. 164 Individualist “Chptr 5 and Vrs 3” Bob HattoriVol. 164 Individualist “Chptr 5 and Vrs 3” Bob Hattori あれは2016年の暑かった夏頃。都心から少し離れた彼のアジト(DIY精神がたっぷりつまった言わば男が夢見る隠れ家笑。)へ訪れ、扇風機からの風を肌に感じながら話を伺いました。若干の緊張と、熱い日だったので少しでも気を和らげる為に飲み物を持参していった気がします。お互い汗にまみれな […]
  • Vol. 114 Individualist “Chptr 5 and Vrs 1”Vol. 114 Individualist “Chptr 5 and Vrs 1” Next chapter begins. This time, it was pretty and smoothly get the job done with this dude "Bob Hattori". He is willingly to share his […]
Please share us to..Share on FacebookShare on TumblrShare on Google+Pin on PinterestShare on RedditEmail this to someoneTweet about this on Twitter

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Post Navigation